最近の休日の日課は、ウォーキングです。

ウォーキングというよりも散歩と言ったほうが適切なくらいに、ゆっくりと景色を見ながら川沿いの堤防を歩いています。

先日は、朝降っていた雨がお昼過ぎには上がったので、早速歩きに出かけました。

雨上がりの川沿いは、風も爽やかで気持ちが良かったです。

しかし、私の足を止めるものが道の上にいくつもありました。

 

それは何かと言うと、カタツムリです。
しかも何匹も。

カタツムリなんて久々に見たような気がします。

雨が降ったので活発に動いていたのかもしれません。これは、踏んだりしたら大変。

 

あとから来る人に踏まれては可哀そうだと、私はそれらをつまみ上げ、葉っぱの上に戻してあげました。

我ながら優しいな、後でカタツムリの恩返しとか無いかな、と密かに思っています。